健康関連コラム

糖尿病が早期治療が重要と言われる理由とは?


糖尿病は、病気が進行するほど様々な合併症が出てくる病気です。三大合併症と言われている糖尿病性網膜症、腎症、神経障害、といったものから、動脈硬化、心臓発作、脳発作、感染症、歯周病、など様々なものに見舞われます。


かかる病気の数が多くなるということは、それらへの個々の対応が必要になるということで、当然医療費が多くかかります。そうなる前に、なるべく早めに治療を開始することができれば、医療費を抑えることが可能です。


まず糖尿病予備軍と呼ばれる、糖尿病になるかならないかの段階で対応することができれば、食事に気をつけるだけでも病気を防げる可能性があります。具体的には糖質を抑えた食事を心がけて、運動を適度に行うようにします。糖尿病にかかってしまっても、初期の頃であれば運動療法と食事療法を駆使して症状の進行を抑えられる可能性が高いです。


こちらも予備軍と同じように、糖質の摂りすぎに注意します。予備軍よりも厳しい制限をしないと効果があらわれない可能性があるので、血糖値やHbA1c(過去1〜2ヶ月の血糖値の平均)などをこまめに測って対応を変えていくことが必要です。


運動が有効なのは、2型糖尿病です。食後に運動を行うことで、食後の血糖値の急上昇を抑えて、速やかに低下させることができます。また、数ヶ月トレーニングを続けていると筋肉がついて基礎代謝がアップするために、筋肉で使われるブドウ糖の量が増えて血糖値の値が好転する可能性があります。また、インシュリンの効き目が良くなります。


食事に気をつけて運動を続けるだけであれば、病院で大がかりな治療を受けたり、大量に薬を処方されて飲むよりもかなり医療費を節約することができます。


症状が進行していくほど食事療法も運動療法も効果が出にくくなってしまうので、早めに行動することが大切です。糖尿病治療の方針は医師によってかなり違うことが多いので、信頼できる医師を見つけることも重要です。


家族が糖尿病になったら?


家族が糖尿病になってしまったら、食事には気を使う必要があります。糖尿病になるとカロリーや糖質を制限しなければなくなり、かなり厳しい食事制限が必要になります。料理にも気を遣わないといけませんし、当然おやつなどもほとんど食べられなくなります。


このような状態だと、家族が患者さんの目の前で好きに食べ物を食べるというのは難しくなります。遠慮が出てしまいますし、患者さん本人に取っても「普通のものが食べられない」という悲しさや屈辱を与えてしまうからです。しかし、過度な遠慮はよけいに患者さんを傷つける可能性もあります。


まずは患者さんの気持ちをよく聞いた上で、どのような配慮が欲しいのかを聞いてみましょう。最初に確認しておけば、どの程度まで家族が自由にふるまっていいのかがわかります。毎日糖尿病食を作らなければいけないという、家族への負担も大きくなります。糖尿病はカロリー制限や糖質制限、合併症が出ている場合にはたんぱく質や水分の制限が出ることもあります。


この糖尿病の特別食を毎食作るのは大変なので、たまには糖尿病の療養食に対応している宅配弁当サービスなどを利用してみると良いでしょう。冷凍弁当など長期保存にも適したものがあるので、それを活用すれば毎食作らなければならないという手間も減ります。


患者さん本人にとっても、家族によけいな負担を与えているという後ろめたさを減らすことができます。また、糖尿病では血糖値が急激に下がって低血糖になることもあるので、その場合にはインシュリン注射が必要になります。インシュリン注射は普段は本人が打つようにしますが、意識を失ったときなど緊急時には家族や周りの人が行っても良いことになっています。


なので、家族も注射が打てるように知識を身につけておいたほうが良いでしょう。糖尿病では服薬も多いので、本人が忘れてしまう場合には、その都度忘れないように紙に書いて管理を手伝ってあげると良いです。