健康関連コラム

糖尿病の症状や三大合併症について


糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。発症すると、ブドウ糖が細胞の中に運ばれなくなって血液の中に溢れてしまうので、血糖値が高くなるのです。これは、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなるためです。そもそもインスリンは、身体の中で唯一血糖を下げる働きを持っており、食後に血糖が上昇しないように調節する役割を持っています。


また、その他にも、血液中のブドウ糖を細胞に送ってエネルギーに変換したり、脂肪やグリコーゲンに変換してエネルギーとして蓄える働きも持っています。インスリンがすい臓から分泌しにくくなると、慢性的な高血糖になってしまいます。それが糖尿病です。もし発症しても、痛みなどの自覚症状が無いのでなかなか気づきにくいという問題があります。


しかし、例えば、喉が渇きやすくなったり、尿の量や回数が多くなったり、尿の泡立ちがなかなか消えにくくなったり、体重が急激に減少したり、手足がしびれてきたり、全身が疲れて怠くなったりしたら、それは初期症状の可能性があるので、医師の診察を受けることをおすすめします。しかし、一番の問題は合併症です。症状が進行したり治療が不十分だと、合併症を引き起こす恐れがあるのです。


特に恐れらえている三大合併症というものがあります。それは、「糖尿病網膜症」と「糖尿病腎症」と「糖尿病神経障害」です。糖尿病網膜症は、高血糖状態が続いたことで、網膜の毛細血管に傷害が起こり、眼球内で出血したり網膜剥離などを引き起こすものです。


糖尿病腎症は、腎臓で尿を作るための腎糸球体が腎機能障害を引き起こし、人工透析が必要になることです。糖尿病神経障害は、高血糖によって神経細胞が代謝障害を引き起こし、神経細胞に栄養を送る毛細血管の循環を傷害することで、神経障害を引き起こすものです。その他にも、高脂血症や脂質異常症や心筋梗塞などの要因の一つにもなる恐れがあるので、早期発見がとても重要な病気のひとつです。