健康関連コラム

30代女性にも更年期障害に似た症状が?若年性更年期とは?


本来、更年期障害は45歳から始まり50歳代前半まで症状が続くといわれています。これはあくまでも個人差の問題であり、45歳になっても更年期障害の症状が出ないという人もいるのです。では、もっと以前に症状が出てしまう人もいるのかといえば、答えはイエスです。


実は30代女性にも更年期障害と同じような症状が出ることがあり、自分はまだそのような年齢ではないのにおかしいと思いながらも、自分の症状を正確に判断できないことで症状が悪化してしまうことになるのです。これは若年性更年期障害といい、早い女性であれば30歳にさしかかった途端に症状が出てくることがあります。


イライラ、異常な発汗、不眠、生理不順、めまい、うつ状態といった症状は更年期障害そのままですが、若年性の最大の原因は卵巣機能の低下や女性ホルモンの異常です。最近の若い女性は不妊治療を受けている人も多いですが、卵巣機能が低下していたり女性ホルモンが不安定であるためです。


若い女性は妊娠を希望して治療を受けますが、これらの症状は更年期障害と同様で、どちらも女性ホルモンや生理機能の衰えは共通しています。若年性更年期障害は、45歳以降といわれている症状と同じ症状が出てしまうのですから「まさか自分が」と疑わないことで発見が遅れてしまいます。


若年性更年期障害は「プレ更年期」ともいい、食生活や生活習慣の見直しが必要です。特に、若い頃に急激なダイエットをしたことがあったり、体を冷やすファッションを好んでいたりする場合、生殖機能の大きな影響が出るといわれています。プレ更年の怖さは、閉経に伴う症状ではないことです。


放置しておくとさらに症状が悪化していきますし、妊娠・出産を考えている女性には大きな問題です。心当たりがあれば、すぐに婦人科を受診するなど対応が必要でしょう。生活の上でも、体を冷やさない、規則正しい生活をする、睡眠を十分にとる、食生活に気をつけるなど地道な改善がカギになります。


更年期に良い食べ物は?更年期障害を和らげる成分


更年期障害を緩和させる成分を含んだ食べ物を食べることで、症状を緩和することが可能です。野菜や果物は多めに食べるのが良いです。野菜と果物にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。低脂肪でカロリーも低いので、たくさん食べても美容に悪影響を及ぼしません。


柑橘系のビタミンCや人参のビタミンAは美肌ホルモンと呼ばれ、女性の肌を美しくします。野菜や果物にはフィトエストロゲンという女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ成分が含まれています。フィトエストロゲンは特にアスパラガスやレタス、プルーンに多く含まれています。キャベツに多いボロンもエストロゲンの分泌を促進するのでおすすめです。


女性ホルモンの作用がある食べ物は、他にも大豆製品が有名です。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、フラボノイドの一種でのぼせや火照り、ホットフラッシュを軽減します。1日の摂取量は70mg?75mgなので、豆腐半丁?1丁、納豆は1?2パック、豆乳は120mlと非常に摂取しやすいです。大豆製品は小魚や牛乳などカルシウムを多く食べると良いです。


更年期の女性は、エストロゲンの分泌量が減ったことで骨がもろくなっています。特に納豆はカルシウムを定着させるビタミンK2が多いので、骨粗鬆症の予防に効果的です。大豆イソフラボンは自然界に存在する成分なので、少し多めに摂取してもホルモンバランスを乱すことはありません。ホルモン剤のような副作用の心配はほとんどないので、安心して毎日食べられます。


さらに肉類や魚介類も適度な量を食べる必要があります。豚肉にはビタミンB1が多く、血管を拡張して血行を良くするので顔は熱いのに手足が冷たい症状を改善します。


また精神を安定させるので、イライラが治まります。脂身が少ないヒレ肉やモモ肉を食べます。エストロゲンが減ると血管の柔軟性が欠如して動脈硬化になりやすいので、DHAやEPAが豊富な青魚を積極的に食べます。