健康関連コラム

1型糖尿病・2型糖尿病について解説


糖尿病には1型と2型があります。生活習慣病や遺伝が原因でなると言われているのが2型になり、1型は自己免疫反応や何らかの誘因、環境因子が膵臓のβ細胞を破壊してしまうことで起こります。1型糖尿病は、子供がなることが多く、その為小児糖尿病とも呼ばれています。小児と付きますが、大人でもなりうる病気です。1型の患者数は2型よりも少なく、10万人に1.5人の発症と言われています。1型の人は痩せている人が多く、インスリンに依存しないと生きていくことができません。


特に成長期の子どもは、食事制限をせずに食事に見合ったインスリンを補いながら生きていくことになります。インスリンは成長ホルモンでもありますから、上手なコントロールが必要になってきます。1型の患者さんでも、人によってはまだ自己インスリンを作り出す力がある人もいるようですが、時間の経過と共に作り出せなくなっていきます。


その為、経口薬ではなくインスリン注射をしながら生活をしていくことになります。血糖値のコントロールとインスリン注射が1型糖尿病の患者には必要なのです。


また、2型糖尿病は、全世界で急激に患者数が伸びている病気として話題になっています。生活習慣の乱れ、運動不足などの要因によって肥満体型の人がなりやすい病気です。乱れた食生活が原因とも言えるでしょう。全糖尿病患者のおよそ95%がこの2型糖尿病です。2型の人の治療は、食事管理と運動などの生活習慣を見直し、血糖コントロールをしながら、必要に応じて経口薬(糖を抑える薬など)やインスリン注射を使用していきます。


インスリン自体を作り出す力がまだ残っているのが、2型の特徴です。2型の人が治療をせず、放っておくとインスリンが枯渇して1型と同じような状態になることもありますので、早期治療が大切になってきます。


1型も2型も治療法はほとんど差がありませんが、原因は全く異なるものであることを知りましょう。


糖尿病改善のための健康食品


糖尿病改善のための健康食品として、サプリメントや、お茶などを利用することもできます。現代人はとても忙しく生活をしていますので、体のことも考えて、足りない栄養素はサプリメントを利用するというのが、日常的なものとなってきました。ですから、糖尿病を改善していくためにも、市販品で多くのサプリメントが販売されていますし、それを上手に取り入れることもできます。


糖尿病改善のためのサプリメントには、いくつかの種類があります。体内に入り込んだ糖質が分解をされて、それがブドウ糖になります。それが吸収をされていくことで、血糖は急上昇をします。しかしサプリメントの種類として、糖質の体内への吸収を抑制して、さらに鈍化させる種類もあります。こうしたタイプを利用することで、血糖値を急上昇させないように、予防をしていくことができます。糖尿病サプリメントとしては、この手のタイプがとても多いです。


体内へ糖質が吸収をされて、それを燃焼させて血糖の数値を急激に上がらないようにさせる、糖質燃焼作用のあるサプリメントの種類もあります。ほかには、糖質の抑制などといった、ダイレクトな働きかけではなく体内の環境を整えるタイプのサプリメントもあります。体の中が良い環境になることで、インスリンも作用しやすくなって、結果的に糖尿病を改善していく方向へと向かわせます。


血液をサラサラにして、キレイにするタイプのサプリメントもあります。糖尿病になってしまうと、血液はドロドロとして、血糖値も上がってしまいます。だから血液をキレイにするための成分を使ってサプリメントをつくり、それを飲んで血液をサラサラにします。この場合は、間接的に働きかけていきます。


糖尿病改善のために、お茶も取り入れていきましょう。緑茶には茶カテキンが含まれていますので、食後に待っている糖吸収を阻害することになります。その作用が働きますので、体内での血糖値の上昇を抑えることができます。